ドッグフード

​アカナ アダルトスモールブリードレシピ

特徴

種類により粒の大きさが異なる
小粒なら「アダルトスモールブリードレシピ」
※全種類には小粒の選択肢がない
●鶏肉やカレイの他、七面鳥、ニシンが主原料
●原産国 カナダ
●総合栄養食・全年齢対応

安全

●ヒューマングレード
●合成サプリメントの使用は必要最低限
●BHA、BHT、エトキシン等の人工的な防酸化剤は不使用
●信頼する地元の農家、牧場主、漁師から仕入れている
●カナダのアルバータ―州にある自社工場でフードを製造

 

栄養

タンパク質含有量が多い
グレインフリー(穀物不使用)、ジャガイモ不使用
高GI炭水化物・植物性タンパク質不使用
●肉類含有量が50~75%

●原材料

新鮮鶏肉(16%),乾燥鶏肉(15%),丸ごと赤レンズ豆,丸ごとグリーンピース,丸ごとヒヨコ豆,乾燥七面鳥肉(4.5%),鶏脂肪(4%),新鮮鶏内臓(レバー,心臓)(4%),乾燥ニシン(4%),卵(4%),生カレイ(4%),フィッシュオイル(4%),丸ごと緑レンズ豆,丸ごとイエローピース,エンドウ豆繊維,エンドウ豆スターチ,生七面鳥レバー(0.5%),塩,乾燥ケルプ,新鮮丸ごとカボチャ,新鮮丸ごとバターナッツスクワッシュ,新鮮丸ごとニンジン,新鮮丸ごとリンゴ,新鮮丸ごと洋梨,新鮮丸ごとズッキーニ,乾燥チコリールート,新鮮ケール,新鮮ホウレン草,新鮮カブラ菜,新鮮ビートの葉,新鮮丸ごとクランベリー,新鮮丸ごとブルーベリー,新鮮丸ごとサスカチューンベリー,ターメリック,オオアザミ,ゴボウ,ラベンダー,マシュマロルート,ローズヒップ酸化防止剤:植物油から抽出したトコフェロール:121mg,クエン酸:40mg,ローズマリーエキス:80mg添加栄養素(1kgあたり):3a890塩化コリン:700mg,3b606(亜鉛:75mg),3b406(銅(II):11mg),3a821ビタミンB1:25mg,3a841ビタミンB5:8mg,3a831ビタミンB6:7.5mg,3a672aビタミンA:1875IU,3a671ビタミンD3:250IU,3a700ビタミンE:115IU.添加腸球菌:4b1707エンテロコッカスフェシウム菌NCIMB104152.2×10^6CFU.

●成分

タンパク質 31%以上 灰分 7%以下
脂肪 17%以上 水分 12%以下
繊維 5%以下 カルシウム 1.4%以上
リン 1.1%以上 オメガ 3 1.0%以上

価格

880円(340g)
4,023円(2kg)
9,170円(6kg)
14,800円(11.4kg)

種類

アカナは種類が豊富すぎて、何が何が良いか迷います。
だいたいの区分けを知っておくだけで、選択しやすくなると思いますので
以下にまとめました。

食いつき・味

トイプーの食いつき
こちらもドライフードだけで、最初から食べた数少ないドッグフードです。
アカナは他のフィッシュ系などのシリーズもあり、食いつきも悪くないのですが、
「小粒タイプ」と表示がない場合は、小型犬には大きく、包丁で切って与えていました。

人間試食感想
一口目から、おいしく感動した種類です。ジャーキーとドライフードの間のような
しっとりした状態で、味も素材の味が濃くかなりおいしいです。
タンパク質含有量も多く、無駄がない成分で自分の食事に取りえれたいぐらいです。
たまに、間食で食べてしまいます笑
小袋の340gは、鮮度も保ちながら使用しやすいですが、チャックがないです。
​2Kgなどの大袋にはチャックありです。

デメリット

●340gサイズには保存用チャックなし(2kgサイズはチャックあり)
全種類に小粒の選択肢がないため、味がおいしくても小型犬には選択肢が狭くなる
※大きい粒でも包丁でカットすれば問題ないですが、面倒
●価格が高い
●肥満に注意な子にとっては高タンパクすぎる